MENU

ヤミ金業者の違法な利息について

「ヤミ金」「闇金融」「ヤミ金業者」、こういった言葉をテレビのニュースなどで耳にした事がある方も多いと思います。ヤミ金は現在の日本において、社会問題ともなっている違法金融業者の一つで、ヤミ金が法定金利を無視した異常な金利を付けてお金を顧客に貸し付ける事により、利息を支払えずに苦しみ続けている人が増加しているのが現状です。

 

ヤミ金の利息は以前は「トイチ」と呼ばれる「10日に1割」の利息が代表的とされていましたが、現在では10日に1割の利息でお金の貸し付けを顧客に行うヤミ金業者はほとんど無く、10日に3割の利息が付く「トサン」、10日に5割の利息が付く「トゴ」、10日に10割の利息、つまり10日で元金分そっくりそのままの利息が付く「トジュウ」などがヤミ金業者の金利のスタンダードとなっているのです。

 

この中でも「トジュウ」は特に悪質で、例えば1万円をヤミ金業者から借りただけでも、1ヶ月になんと4万円もの利息を支払う計算になります。1年では48万円の利息です。1万円を借りて、1年にかかる利息が48万円と聞けば、いかにヤミ金業者の利息が異常で法律で定められている法定金利を無視した法外な利息かがわかりますね。

 

この様にヤミ金業者は法律のルールを無視した犯罪者集団である事を理解しておく必要があります。

 

闇金解決は早めの相談です
Duel(デュエル)法律事務所
まずは気軽に無料相談