MENU

闇金で借りてしまったときの対処法

どのようないきさつであれ闇金で借りてしまいカタにはめられてしまうと素人では抜け出すことは不可能です。そのような場合には、最近話題の債務整理という手段があります。

 

弁護士や司法書士に依頼し、今までの返済総額と借金の元本から計算される正しい返済額を差し引いたものを闇金業者に請求できるのです。こういった手段は自営業者にとっては最後の砦になります。

 

闇金業者に対して、合法的であれ過払い分を請求することは地元の縁者との関係を失うことを意味します。

 

これを逆手にとって、闇金業者は特に自営業者には後ろ盾を失うからという脅し文句で、弁護士などに依頼させないようにしているという現状があります。

 

高利貸しや複利、懲罰金規定を設けているような闇金業者は減少しつつあるのですが、元本返済拒否のように債務者の良心を利用するような方法も生まれています。

 

債務者にとっては、自分のせいで返済できなかったのに弁護士などを雇っていいのかという気持ちを持つかもしれません。これでは闇金業者の思う壺です。

 

闇金業者自体が確実に悪質な手法で利益を上げている以上、債務者は適正な返済額を支払えばよいのです。闇金業者に屈して払うべき以上のお金を無駄にする必要はありません。

 

闇金解決は早めの相談です
Duel(デュエル)法律事務所
まずは気軽に無料相談