MENU

闇金融が手放さない相手とは

闇金融に目を付けられると、生活が成り立たなくなるかもしれません。業者の取り立てに屈しないためには、強い意志が必要となります。業者にとってのいい鴨とは、どの様な人を指すのでしょうか。

 

小心者で相手の指図にすぐ従ってしまう人は、業者が好むタイプです。その様な人は、脅しをかければすぐに返済を実施してしまうのではないでしょうか。

 

一度返済の支払いを行えば、業者はその鴨を手放しません。全ての資金を吸い尽くすまで、執拗に付き纏うことでしょう。

 

よって、闇金融業者から借り入れた場合には、最初あるいはそれ以降の取り立てで、相手に従わない意思を明白に打ち出す必要があるのです。

 

その意思をはっきりと伝えるまでは、業者の取り立ては止むことはありません。強気に出る覚悟がなければ、一生業者と付き合うことになるかもしれません。その様な事態に陥りたくないのであれば、上記の内容をしっかりと実践なさってください。

 

ところで、闇金融業者の取り立てでは、職場へ借り入れ事実をばらすと脅しをかけるのが一般的です。しかしこれを実際に行うケースは少ないです。その行為は法に触れるため、避けるのが実際のところです。こういった脅しには振り回されない様にしましょう。

 

闇金解決は早めの相談です
Duel(デュエル)法律事務所
まずは気軽に無料相談