MENU

多様なヤミ金の手口を知っておこう

実際にヤミ金業者に関与したことがない方でも、ドラマや漫画などでその名を聞いたことはあると思います。普通に生活をしていると、こうした違法な金融業者は自分とは無関係の存在であると思われるかもしれません。しかし、違法業者は日常生活のすぐ側で、消費者や会社経営者に付け入ろうと狙っています。

 

さて、一口にヤミ金業者といってもその種類はさまざまで、手口も多様化しています。主な違法金融業者の種類として、無登録型業者やシステム金融、紹介屋や押し貸屋などが挙げられるのですが、それぞれが違った手口で消費者や会社経営者を罠にはめようとしている、悪徳な業者であることに変わりはありません。

 

この中で、無登録型業者は貸金業者としての登録を行わず、一般的な消費者金融を装って消費者に接近してくる業者です。このタイプの業者はダイレクトメールなどを通して現金融資の勧誘をしてきます。また、同じタイプの業者が、貸金業者としての登録を行っている場合もあるので注意しなければなりません。

 

システム金融は、主に中小企業を狙って融資を勧誘してくる業者です。こちらもダイレクトメールで融資の勧誘をしてくることがほとんどですが、同業者と手を組んで次々に借金を背負わせる悪質な手段をとるのが特徴となっています。

 

このように、ヤミ金業者は生活の陰から消費者や企業を餌にしようと狙っています。こうした業者の魔の手に落ちないようにするには、ヤミ金業者に関する知識を備えておくことが肝要です。

 

闇金解決は早めの相談です
Duel(デュエル)法律事務所
まずは気軽に無料相談